モーツァルト:交響曲第38番&第39番&第40番&第41番







サヴァリッシュはシュターツカペレ・ドレスデンとのシューマン交響曲集が素晴らしい名盤なので、

このチェコ・フィルとのモーツァルトはどんなものだろうと聴いてみたところ、これもまた凄い演奏だった。

よくインターネット上などで見る「名盤10選」とかに入ってるのを見たことないけど、全く不思議です。


まず印象的なのは、とにかくテンポが快速。曲によったらカラヤン盤より速いかもしれない。

シューマンの交響曲集でもこのような颯爽としたテンポで、ややもすると錯綜している楽曲の構造を

分かりやすく眼前に提示してくれていたが、この演奏でもそのような路線は同じと言える。


シュターツカペレ・ドレスデンは氷を削るような、シャーッという感じの高音が特徴的だが、

ここでのチェコ・フィルは裁ち鋏で紙の束を切るような、ジャリッジャリッといった感覚だ。

この硬質な音響がまた心地よい。ふくよかな厚みのある音を楽しみたいときにはまた別のセレクトになるだろうが、

演奏・録音ともに優秀な本盤は、特にあまりクラシック音楽に親しみのない初心者向けとしても最適だと思う。



2019/05/11(土) 01:20 PERMALINK