スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
ヴィヴァルディ:後期ヴァイオリン協奏曲集






ヴィヴァルディといえば、音楽の授業でも習う「四季」が有名だし、
一つ前のレビューで取り上げた「二挺のヴァイオリンのための協奏曲」のように、
一連の悲しいストーリーやかっこいい場面のBGMのように鳴り響く、
スパーンと覚えやすい泣きの旋律と、ソロ楽器の妙技がケレン味のある、
ポップス、歌謡曲、演歌的な音楽だと思っていた。
(もちろんそういうところが、例えばバッハにはあまりないところで好きなのだが。)

しかし、この後期(というより、実際は晩年のもののようだが)協奏曲集を聴いて、
上記のような印象は彼の作品の初期~中期にのみあてはまるものなのだと分かった。
それくらい、ここに含まれている曲たちは我々がよく知っているヴィヴァルディと印象が違うのだ。

だが、彼の晩年の作品が、ベートーヴェンやブラームスのそれのように
簡潔で澄んだ境地に進化していたのかというと、全くそうではない。

一言で印象を表すなら、すごくとりとめのない音楽なのだ。

メロディーがたくさん出てくるのだが、どれもほとんど印象に残らない。
3秒で考えたような、かつ3秒後には忘れていそうな旋律が現れては消えていく。

その割に転調が機敏で、特に激しく気分が変わる同主短調への転調が多い。
ひどいときには1小節単位で転調したり戻ったりする。
そして不思議なことに、それらに作曲上の計算や意図が全く感じられない。

ソロ・ヴァイオリンには初期の協奏曲以上の超絶技巧が用いられているが、
その技巧も全く音楽自体の内容には寄与しない無意味な難しさで、
延々と終わらない独り言を繰り続けたと思えば、プツッと途切れたように終わる。

これほど内容のない音楽ってないかもしれない。

だが今まで述べた印象は、決してこれら晩年の作品が駄作であるという意味ではないのだ。
いや、駄作なのかもしれないが、不思議なひっかかりがあって何故かまた聴きたくなってしまう。

これと似ている音楽を知っている・・・なんだっけ・・・
そう、シューマンの晩年のヴァイオリン協奏曲や一連のソナタだ!

シューマンの晩年に至って悪化した精神疾患が彼の楽曲に影響を及ぼしているのかは
いろいろな研究があり微妙なところではあるが、一種の奇妙な焦点がズレた感じを受けるのは確かだ。
ヴィヴァルディのこれら晩年協奏曲も、感覚的な話で申し訳ないが確かにそれと同種の印象がある。

ヴィヴァルディがこれらの協奏曲を書いたときにどのような精神状態だったのか知る由もないが、
それからまもなくして彼がウィーンで謎の客死を遂げることを考えると不思議な感慨もある。

ヴィヴァルディとシューマンの晩年の音楽に共通する「奇妙な散漫さ」について考えるため、
インターネット上で探してみたところ、以下のような記事があった。


ヴィヴァルディ中期と後期の作品の構成の比較
http://vivaldi.music.coocan.jp/cgi-bin/bbs4/wforum.cgi?mode=allread&no=515&page=0#561

ヴァイオリンソナタ第3番 イ短調》(WoO2). 第1楽章にみるR.シューマン晩年の断片的手法
(芸大の学生さんの論文であるようだ)
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=2&ved=0ahUKEwjAp4mr4t7aAhXDKJQKHWPcDGAQFggtMAE&url=https%3A%2F%2Fgeidai.repo.nii.ac.jp%2Findex.php%3Faction%3Dpages_view_main%26active_action%3Drepository_action_common_download%26item_id%3D599%26item_no%3D1%26attribute_id%3D22%26file_no%3D1%26page_id%3D13%26block_id%3D17&usg=AOvVaw2TC8ppENmv6E74HgmgbYOL


以上の2つから共通点として読み取れたことは、これら晩年の曲において
音楽を構成する要素が非規則的に、内容の関連性なくランダムに配置されていることである。
(ヴィヴァルディはソロとトゥッティの配置、シューマンは音型の配置というレベルの違いはあるが)

「内容がない」という感じは、曲を構成する要素が関連性なくコラージュのように貼り合わされていることに由来するようだ。
人は何にでも関連性を求める。内容とはまさに関連性のことだ。隠されていた関連性が顕になる(伏線を回収する ともいうが)ことに満足を覚える。
AメロBメロときてサビが来るのはドラマツルギーとして全く合理的だし、ヴィヴァルディの初期の名曲たちもまさにそういった論理を踏み出さずに作られていた。

「奇妙な散漫さ」は、晩年の楽曲がそういう人間の指向性から全く離れた論理で、または論理なく構成されていることから来るのだろう。

ヴィヴァルディがなぜこのような曲を作るようになったのか、社会的、文化的、精神的理由の考察もあるかもしれないが、
これらの晩年の曲たちはそういった関連性の論理からすると駄作だろうし、現在や未来の、もう少し違った感性からすると傑作となるかもしれない。


まあ、そんなことは置いておいても、これら晩年の協奏曲たち、ヴァイオリンを持った天使がオーケストラに紛れ込み、
指揮者や合奏を無視し曲と関係ない得意の超絶技巧を披露して、独り悦に入っているような超越的な無垢さを感じなくもなくて
私はとても気に入っている。やっぱりシューマンとつながったな。

2018/04/29(日) 13:45 PERMALINK
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。